1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 大分県の求人・転職情報

大分県の求人・転職情報一覧


【大分県の求人の特徴】

九州地方に位置する大分県には、ハローワークが県内に7軒あります。

その求人は様々で、農業の作業員から事務職、介護職など多種多様です。

大分県は第一次産業である農林水産業も盛んに行われており、さらに平松守彦前県知事が提唱した「一村一品運動」により、各市町村では経済活動も盛んに行われています。

第二次産業である工業・製造業も負けていません。

さる高度成長期に、大分市は新産業都市の指定を受け、「大分臨海工業地帯」を形成しました。

また、近年になると大分市や大分空港周辺に、ICチップなどの電子工業等の立地が進む一方、県北部では、隣接する福岡県東部とともに、自動車関連企業が集積しています。

そのため、大分県は全国平均に比べ第二次産業の占める割合が高くなっています。

県内総生産は1999年度には約4兆4,000億円になっており、そのうち、第一次産業が3.1%、第二次産業は36.9%、第三次産業は61.0%となっています。

そのことから、多種多様な業種が求人をかけており、もちろん、県内の温泉を利用した観光業やサービス業も盛んに行われています。


【大分県の特徴】

全国一の温泉地で有名な大分県ですが、その地形は山地に富んでいます。

県内を山地が占める割合が大きく、大分県西部には九重連山、その南部には祖母山・傾山がそびえ、自然の恵みを与えてくれます。

平野部は県北部の中津平野、県中部の大分平野や、県南部の佐伯平野など、実に限られた地域に分布しています。

実は海を挟んでいるとはいえ、四国に程近い県でもあります。

それは豊後水道。

一番狭い豊後海峡の幅は約10キロメートルほどなので、四国は目の前です。

大分県は山地が多いのが特徴ですが、基本、気候は全体的に温暖で自然災害も比較的少ない傾向が見られます。

中津市から国東半島にかけては、夏になると瀬戸内海式気候の特徴として降水量が少なく晴れの日が多くなります。

冬になると関門海峡からの北西の季節風の影響を受けるため、日本海側気候に近く、曇りや雨・雪の日も多く、一冬に数回程の積雪があるのが特徴です。

逆に瀬戸内海側になると積雪も降雪もほとんどなく、降水量も少ないです。

県南部は台風の影響を受けて多雨となる傾向があり、場所によって違った気候がみられます。


大分県のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 大分県の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報