1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 大分県
  4. 中津市の求人・転職情報

中津市の求人・転職情報一覧


【中津市の求人の特徴】

中津市の産業別就業者割合を調べますと、第一次産業の就業者は7.9%、第二次産業就業者割合は31.5%、そして第三次産業就業者割合は60.6%となっており、第二次産業の就業者数は平均よりもかなり高めとなっています。

完全失業率は5.8%ですので、平均よりもやや良くない数字となっています。

中津市は名所や旧跡も多く観光都市でもありますが、2004年にダイハツ車体株式会社が中津市に本社や工場を移転したこともあり、自動車関連工場が多く建てられるようになりました。

自動車関連企業の誘致も行われていますし、東九州自動車道など、道路の建設も予定されています。

中津市の現在の求人状況を調べますと、道路工事などが多く行われていることから、土木建築関連の仕事の求人、工場が多いことから、工場内での作業員の求人が多いです。

土木建築では作業員や土木技術者の求人があります。

工場では、組み立てや出荷業務、部品検査などの仕事があります。


【中津市の特徴】

中津市は大分県の北西部にあります。

大分県の中では、大分市、別府市についで3番目に大きな都市です。

中津市の面積は491.17平方キロメートル、総人口は2014年3月の推計で84,296人です。

中津市は青の洞門や羅漢寺、福沢諭吉の旧居、中津城など文化財や歴史的建築物の残る城下町です。

市内の南部には、景勝地と呼ばれている耶馬溪があります。

中津市は古くから福岡県と結びつきが多く、福岡県から通勤や通学に来ている人が多い地域です。

1879年から1880年まで向上が設置され、1890年台は繊維工場が集まりました。

1944年には神戸製鋼所が進出して重工業が集まるようになり、1970年には鉄鋼業とTOTOなどの衛生陶器製造が盛んでした。

そして、1970年後半より、自動車関連工場が多く進出するようになって、豊の国テクノポリスの中心都市ともなっています。

交通の便については、JR九州の日豊本線が通っています。

高速道路については、東九州自動車道中津インターチェンジが2016年度に供用予定となっています。


中津市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 大分県
  4. 中津市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報