1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 大分県
  4. 豊後高田市の求人・転職情報

豊後高田市の求人・転職情報一覧


【豊後高田市の求人の特徴】

大分県豊後高田市における従事者の比率は第一次産業が18.3%、第二次産業が27.9%、第三次産業が53.6%となっていて、県全体では第一次産業と第二次産業の構成比が高くなっています。

農林や漁業の第一次産業については、多くが高齢化と後継者不足で事業の縮小や廃止方向にあります。

そのため地域経済の活力低下や継承文化の衰退、森林や農地などの荒廃、地域コミュニティの崩壊などが懸念されています。

また、北部九州へ自動車産業が集積していることによって、豊後高田市の大分北部中核工業団地へは多くの企業進出が期待されています。

ただ、まだ不況の影響による雇用計画の変更や見直しも懸念されます。

有効求人数は、求職者にとって厳しい雇用情勢です。

最近の求人傾向としては第一次産業の農業、第二次産業の作業員について求人が多く、第三次産業の飲食店などにおけるサービス産業の求人が極端に少ない状況です。

おもな求人内容としては倉庫作業、配達・運転手、工場作業員、製造業の事務、農作業、清掃、工場作業などがあります。


【豊後高田市の特徴】

豊後高田市は、2005年3月31日に西国東郡真玉町、香々地町と合併して新たな豊後高田市として誕生しました。

大分県北部の国東半島の北西部に位置していて周防灘に面し、人口は23,072人です。

市の中心部には二級河川の桂川などが流れていて中津市から車でおよそ30分、大分市から車でおよそ1時間ほどのロケーションにあり、豊前と豊後の境界に位置しています。

県の北部にあるため生活や文化の面で中津市、宇佐市、福岡県豊前市との関係が密になっていて、経済圏は中津都市圏となっています。

豊かな自然と温暖で過ごしやすい瀬戸内式気候であり瀬戸内海国立公園、国東半島県立自然公園もあり、山間部や海岸部の自然景観に恵まれています。

また、六郷満山文化に関する歴史的文化財が豊富であり、国東半島の山間には国宝の富貴寺大堂や9体の仏像が国の重要文化財となっている真木大堂などの文化財があります。

市政については高齢者が健康で暮らすことのできる健康長寿社会を目指していて、市の総力を挙げて人口増加に向けた取り組みを進めています。


豊後高田市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 大分県
  4. 豊後高田市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報