1. ホーム
  2. 北海道・東北
  3. 宮城県の求人・転職情報

宮城県の求人・転職情報一覧


【宮城県の求人の特徴】

現在、宮城県では東北地方太平洋沖地震が発生した影響により、それに関連した求人が多くなっています。

太平洋側では津波の影響で建物自体が流されたり、社員が被災されてしまったり、数々の被害がありました。

そのため、現在は求職者と求人の比率が合わず、それに関する救済法などが議論されています。

現在は家の建替えや建て直しなどの需要で土建業が盛んになりつつあります。

復興に向けての政府の施策が注目される中、地元住民も活発に雇用を生み出そうと乗り出しています。

復興ボランティアの役目は終わりつつあり、現在は内側からの動きに注目されています。

しかし求人の傾向としては周辺都道府県を変わらない傾向にあり、震災から復興しつつある片鱗を見せています。

しかし現状では、緊張や被災された方の疲れを癒すためのマッサージ店や介護施設、医療施設などが重要視されています。

資格を持っている方が重要視されるのは他都道府県と変わりません。

仙台市などは大学が多いので、新卒求人が多いです。


【宮城県の特徴】

宮城県は東北地方南東部に位置しており、太平洋側に面しているため、漁業が盛んな県になっています。

県庁所在地である仙台市を拠点とした第三次産業が盛んで、特に仙台市は商業地区として発展しています。

しかし、第二次産業も、水産加工品やICなどの電子機械などの工場も多く建立され、今も多くが稼動しています。

第一次産業は農業だけでなく漁業が盛んですが、2011年の東北地方太平洋沖地震により現在は少し下火になりつつあります。

現在、宮城県は東北で一番人口の多い県として知られています。

仙台市はその45%を占めているため、一極集中傾向にあります。

しかし、そのほかの群は人口減少が著しく進んでおり、その問題が深刻化しつつあります。

東北地方のほかの県と比べ、高校生から大学生の人口比率が多いのが特徴で、そのほかの年代も比較的突出した傾向がありません。

仙台市は現在1,570,000人もの人口を誇り、そのすごしやすい気候から、東北一番の都市として知られています。


宮城県のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 北海道・東北
  3. 宮城県の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報