1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 長崎県
  4. 平戸市の求人・転職情報

平戸市の求人・転職情報一覧


【平戸市の求人の特徴】

平戸市は人口の減少、高齢化の影響もあり、昭和30年と平成17年の産業別就業者割合の推移をみると、農業や漁業などの第一次産業は約46%減少しており、第三次産業が37%増加しています。

また平成17年度の第三次産業の内訳では、サービス業が約57%を占めています。

その中でも平戸市の転職・求人情報を見てみると、思いのほか観光業に携わる求人は少なく、高齢化のためかやはり介護士やヘルパーなどの介護事業の求人が多く見受けられます。

また、全国的な看護師不足は平戸市でも同じようで、看護師・准看護師の求人も多数あるようでした。

全体的に見ると、介護士・ヘルパー、看護師、調理員、バス・タクシー運転手、ホテルのフロント業務、土木作業員などが多数を占めており、選択の幅は広くはないようです。

ただ、介護士は慢性的な人員不足ですので、何も資格がない場合でも働ける介護の仕事は長く続けたい人には適しています。

それに対しアルバイトやパートの求人は介護職はもちろん、販売員や一般事務、清掃員やキッチンスタッフなど様々な業種が募集されています。


【平戸市の特徴】

平戸市は長崎県と九州本土の市としては最西端に位置する都市で、長崎県北西部の平戸島とその周辺を行政区域としています。

戦国期から江戸初期にかけて、日本の中で最も国際都市であったといっても過言ではないほど、中国、ポルトガル、スペイン、イギリス、オランダなど様々な異国の人々がこの小さな城下町平戸に居住し、貿易を行っていた歴史があります。

現在でもオランダ商館や平戸ザビエル記念教会など、異国の文化を伝えるものも多く残っています。

平戸城や寺院と教会の見える風景があったりと、日本と異国が合わさった文化が平戸ならではの文化といえ、それが観光の資源になっています。

そんな平戸も人口は年々減少傾向にあり、2010年の国勢調査では35,000人に届きませんでした。

また、年齢別人口分布をみてみると、全国平均に比べ20代の人口が極端に少ないことが分かります。

それは、20歳前後の若者が進学などで他県や他市町村に流出し、その後就職で戻ってくる人数が少ないことが挙げられます。


平戸市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 長崎県
  4. 平戸市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報