1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 長崎県
  4. 松浦市の求人・転職情報

松浦市の求人・転職情報一覧


【松浦市の求人の特徴】

長崎県松浦市における産業別就業者割合については、第一次産業の就業者割合は17.1%、第二次産業の就業者割合は26.7%、第三次産業の就業者割合は56.2%となっていて、完全失業率は7.0%ですから高い水準です。

松浦市では、水産業が盛んであり、松浦魚市場における総水揚げ量が日本第8位でおよそ9万トン、アジの漁獲量はおよそ3万5000トン、サバの漁獲量は約4万トンで日本有数となっています。

なお、当地産のアジ・サバは「旬あじ」「旬さば」のブランド名を名乗っています。

また、松浦市には、九州電力松浦発電所や電源開発松浦火力発電所があります。

松浦市内でみられる転職求人情報としては、盛んな水産業に関連して、活魚センターにおいて魚の集計、計量・魚をしめる作業・配達・その他活魚センターに付随する業務・加工作業補助や伝票入力などの仕事内容で販売・加工スタッフを募集しています。

そのほかには、松浦市内のタクシー乗務員、のりあいバス乗務員を求めている転職求人情報があります。


【松浦市の特徴】

松浦市は、長崎県北部、北松浦半島に位置する人口およそ2万5000人のまちです。

2004年9月15日に周辺離島部の北松浦郡福島町および鷹島町との間で松浦地域合併協議会を設立して、2006年1月1日に新設合併を実施して新市制による松浦市となりました。

北松浦半島の中でも北東部に位置し、北は玄界灘から伊万里湾に面し、東は佐賀県伊万里市に接しています。

市域南側の内陸部は溶岩台地の丘陵地で、平地は少なく、川は坂瀬川、竜尾川、志佐川、調川川、今福川などが流れています。

市内の有人離島は、伊万里湾の沖合に浮かぶ福島、鷹島、黒島、飛島、青島の各島を行政区域としており、この中で、平成の大合併前まで単独で町制を施行していた2島のうち、福島は1967年に隣の佐賀県伊万里市との間に福島大橋が架橋され、鷹島も2009年4月18日に唐津市との間に鷹島肥前大橋が架橋されました。

このように2島は、経済的、地理的には松浦市本土だけでなく佐賀県とのつながりも強いところになります。

1960年代以降のエネルギー革命で炭鉱はすべて閉山となり、それ以降は戦前から続く漁業のほか火力発電所の建設で産業基盤の維持を図っています。


松浦市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 長崎県
  4. 松浦市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報