1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 佐賀県
  4. 武雄市の求人・転職情報

武雄市の求人・転職情報一覧


【武雄市の求人の特徴】

佐賀県武雄市における産業別就業者割合については、第一次産業の就業者割合が9.7%、第二次産業の就業者割合は28.9%、第三次産業の就業者割合は61.4%となっていて、完全失業率は5.6%という水準になっています。

武雄市では、市域の約23%が田畑で、市内全域で農業が行われています。

主な農産物は米で麦、大豆の栽培も盛んで、2007年に樋渡市長の呼びかけでハーブの一種「レモングラス」を新たな特産物として育てることに賛同した農家が武雄市とレモングラスの試験栽培協力を結んでいます。

また、商業および武雄温泉などによる観光業が盛んです。

武雄市内で出されている転職求人情報としては、卸売業・小売業にかかわる人材が求められています。

食材販売、携帯電話販売、太陽光パネル、給湯器の販売営業アシスタント、リサイクル業の一般事務、バイク販売管理および作業、販売企画業務管理者候補などの職種に転職求人募集が出されています。

性別を問わず、多くの人が採用されています。


【武雄市の特徴】

武雄市は、佐賀県の西部にある人口およそ5万1000人の市です。

佐賀市と長崎県佐世保市の中間に位置する町で、町の中心には開湯以来1300年経つ武雄温泉があり、この温泉には日本銀行や東京駅の設計を行った辰野金吾設計の楼門があり、国の重要文化財に指定されています。

2006年3月1日に隣接する北方町・山内町と合併し、新市制による武雄市となりました。

佐賀市の西約28km、佐世保市の東約30kmの場所に位置し、地形は低山と盆地と川沿いの平地が入り組む地勢です。

市域南東部の武雄盆地の西端と、市域西側の盆地に人口が集中しており、他の地域は山地となっています。

年平均気温は15.4度で、県全体からみれば、武雄は低い方で、同様の地帯が嬉野地区を経て多良岳へと続いています。

気温は1日の気温差が大きい傾向にあり、夏は最高気温が35℃を超えることもあります。

海抜が低いため水害が多いほか、内陸のため冬季を中心に乾燥しやすくなっています。

また、七山や古湯、佐賀平野の東部などと共に武雄盆地も霧の発生が多いところです。


武雄市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 佐賀県
  4. 武雄市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報