1. ホーム
  2. 北海道・東北
  3. 青森県
  4. 五所川原市の求人・転職情報

五所川原市の求人・転職情報一覧


【五所川原市の求人の特徴】

2013年6月における五所川原市の有効求人倍率は0.43倍となっていて、非常に厳しい雇用情勢が続いています。

同時期の全国有効求人倍率は0.92倍、全国43位となっている青森県でみても0.71倍の有効求人倍率となっており、五所川原市は青森県内でワースト2位という有効求人倍率の低さとなっています。

それでも2010年の頃には0.14倍だったことから考えると、わずかずつではあるものの回復の傾向がみられていると言えます。

市としても地域再生計画により雇用創出プロジェクトを立ち上げて支援する体制をとっており、元々盛んな農業や漁業といった農林水産と、全国的にも有名になってきた「五所川原立佞武多」をはじめとする観光産業をメインとした雇用の創出に力を入れています。

実際の求人では、飲食業での調理業務や、高齢者の多い地域のため介護業務に関する求人も多い特徴があります。

このようなことから、厳しい状況ではあるものの地道な転職活動を続けていくことが、良い結果を生むためにも大切だと言えます。


【五所川原市の特徴】

五所川原市は本州最北端に位置する青森県にある市です。

津軽半島の中南部、津軽平野のほぼ中央に位置していて、人口は約6万人ほどです。

主な産業は米やリンゴを中心とした農業ですが、後継者不足や農業従事者の高齢化などの課題を多く抱え、厳しい状態が続いています。

農業と共に雇用創出の中心となっていた建設業も低迷していることから、市では雇用創出の受け皿となる産業の振興を図ることに懸命になっています。

五所川原市の地域再生計画によると、農業における経営力向上や農産物のブランド化の推進と同時に、農業と他の産業との連携を図るための人材育成を行うことで農産物のブランド化による各種事業を効果的に展開させ、雇用の創出拡大を目指すとしています。

具体的には、果肉・花・若葉・枝までもが赤いという世界的に珍しい「赤~いりんご」を使ったワインやジュース、ジャムなどの加工品の製造・販売などを行っています。

また、観光にも力を入れ、五所川原立佞武多をはじめ、作家太宰治の生家「斜陽館」、中世安藤氏の十三湊遺跡群などの観光資源を活用し雇用と地域の活性化を図っています。


五所川原市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 北海道・東北
  3. 青森県
  4. 五所川原市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報