1. ホーム
  2. 北陸・甲信越
  3. 石川県
  4. かほく市の求人・転職情報

かほく市の求人・転職情報一覧


【かほく市の求人の特徴】

かほく市は、ゴム紐などといった繊維関連の製造が地場産業として盛んでしたが、近年は仕事量が減り、規模を縮小し工場を閉鎖している企業も少なくありません。

地元採用の求人が減っていることも、事実です。

しかしながら、かほく市には富士通グループのPFU本社があり、これは市内で創業したウノケ電子工業を前身とするコンピュータ関連メーカーです。

イメージスキャナの生産では、世界トップシェアを占めています。

こういった企業には、都会から帰郷して地元で転職や就職することが可能ですから、これまで身につけてきた技術や経験が大いに役に立つチャンスでもあります。

市の南端には、国道8号と国道159号のバイパス道路である津幡バイパスと、海沿いの「のと里山海道」が合流するジャンクションがあります。

それに隣接するように、北陸最大規模のショッピングセンターとしてイオンがあり、かなりの集客力があります。

ここでのサービス産業や飲食関連、アパレル系の販売に関連する求人もあります。

また、配送・物流関係の求人が目立つことも特徴的です。


【かほく市の特徴】

かほく市は北陸地方の石川県にあり、人口は2011年でおよそ34,000人です。

能登の玄関口である半島の付け根にある都市であり、平成の大合併によって高松町、宇ノ気町、七塚町が合併してできました。

市内には石川県立看護大学があり、県都である金沢市から25km圏内にあります。

金沢市まで車でおよそ30分と近いことから金沢への通勤者も多く、金沢圏域のベッドタウンとしての性格も備えている市です。

かほく市では砂丘を利用したぶどうやすいか、長いもなどの果樹栽培も行っていますが、第一次産業や第二次産業の就業率は年々低下していて、就業人口は第三次産業へと移行しつつあります。

繊維産業が主要産業となっていますが、小規模な事業所が多く厳しい経営状況にあり、求人も減少傾向にあります。

第三次産業では商業の年間販売額が年々減少傾向にあり、大店舗の進出や生活圏の拡大にともなう地域外への購買者の流出がうかがわれます。

近年は、コンピューター製造などといった情報・通信産業の進展が顕著であるため、関連した雇用も増えつつあります。


かほく市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 北陸・甲信越
  3. 石川県
  4. かほく市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報