1. ホーム
  2. 中国・四国
  3. 山口県の求人・転職情報

山口県の求人・転職情報一覧


【山口県の求人の特徴】

本州最西端に位置する山口県は、その県内で様々な文化を構成しています。

県中央部は山地で、沿岸・山あいに小規模な平野や盆地が分散しているため、そちらでは農業が盛んに行われています。

また、海岸線は臨海工業が立地しており、それぞれの工場地区ごとに労働力を引き寄せています。

そのため、住環境がどんどん整えられ、下関市は県庁所在地でないにも関わらず、現在では経済的にもかなり優位に立っています。

幹線交通網である国道2号や、山陽本線も海岸線沿いに走っているため、物流・内陸工業の面でもかなり魅力的です。

このような産業構造と分布をしているため、特定地域への人口・物流・資本・情報の一極集中は発生せず、多極分散型の地域構造となっているので、何処に住んでも、どこで働いたとしても、基本的に住む上で困ることもありません。

ハローワークも各地に分散しており、業種も一般的な事務職から営業職、サービス業・飲食業までさまざまです。

工業地帯が抱える工場での従事者の求人も止むところを知りません。


【山口県の特徴】

北、西、南を海に囲まれている山口県。

山陽地方に当たる南部の瀬戸内海側は、重化学コンビナートを中心とした工業と、高速道路網などを生かした流通業などが発展しています。

今では瀬戸内工業地域の一角を成しており、一方で、山陰地方に当たる北部・日本海側は、農業・漁業などの第一次産業と観光業などのサービス産業が中心となっています。

かつては宇部・美祢において鉱業が盛んでした。

宇部市にある宇部炭鉱や美弥市にある大嶺炭鉱で、無煙炭を中心とした石炭が採掘されていました。

いずれも現在は閉山していますが、宇部市・山陽小野田市などの県西部にある重化学工業地域は元々この炭鉱を背景として現在も操業を続けています。

現在美祢地区では石炭に代わり、石灰石の採掘が行われており、セメントの製造企業が集中しています。

一方、周南・岩国などの県東部では、太平洋戦争当時の海軍燃料廠などに起因する石油精製コンビナートを展開しています。

現在はソーダなど化学系の製品製造を主とする工業地域を形成しています。


山口県のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 中国・四国
  3. 山口県の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報