1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 鹿児島県
  4. 曽於市の求人・転職情報

曽於市の求人・転職情報一覧


【曽於市の求人の特徴】

鹿児島県曽於市における産業別就業者割合については第一次産業が28.1%、第二次産業は25.7%、第三次産業は49.2%となっています。

主要な産業は農業であり、畜産業を中心にして露地野菜の栽培も複合的に進めている農家が多くあります。

さつまいもや大根、白菜、お米などが栽培されています。

それとともに生産されたさつまいもを原料とする焼酎が、鹿児島県内においてもトップクラスの生産量になっています。

関連した求人として、畜産業では養豚作業員や養豚飼育管理員などが募集されています。

また鶏卵産業もあるため、鶏の飼育管理や卵のパック詰め、集卵作業などといった仕事でもスタッフが必要とされています。

さらには食肉の計量、検査などを担当する人材も求められています。

食品業では食品製造工、ライン作業のスタッフが募集されていて、食品の運送に関係して配送の求人もあります。

倉庫においては、仕分けや出荷作業員も必要とされています。


【曽於市の特徴】

曽於市は、鹿児島県大隅半島の北部に位置しています。

2005年に曽於郡の末吉町、財部町、大隅町の合併によって誕生しました。

畜産や畑作を中心とした農業が盛んな地域であり、隣接している宮崎県都城市と生活や文化面でのつながりが深く、都城都市圏の範囲内になっています。

2014年3月現在の人口はおよそ37,000人であり市の北部や盆地、東部は山地の一角となっていて、南西部はシラス台地を中心とした丘陵地帯が広がっています。

江戸時代には、薩摩藩領でした。

二代目の五位塚剛市長は九州地域においてはじめて、日本共産党員として市長になりました。

商業面については、末吉地区では国道269号沿いの高松地区が主要な商業地区となっていて、高松地区では郊外型店舗の進出も進んでいます。

大隅地区では八合原地区が主要な商業地区であり、やはり郊外型店舗も進出しています。

財部地区では、鹿児島県道482号塚脇財部線沿いの財部郵便局周辺がおもな商業地区になっています。


曽於市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 九州・沖縄
  3. 鹿児島県
  4. 曽於市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報