1. ホーム
  2. 関東
  3. 群馬県
  4. 館林市の求人・転職情報

館林市の求人・転職情報一覧


【館林市の求人の特徴】

群馬県館林市における産業では、群馬県の他の市と同様に第二次産業に従事している人が多いことが特徴で、約35パーセントもの人が第二次産業に従事しています。

特に食料品製造業の工場が多く、製造品出荷額では食料品が36パーセントを占めています。

その他にも、輸送機器関連、プラスチック製品関連の出荷も多く、第二次産業の盛んな地域といえます。

また、11か所もの工業団地を有していることもあり、これら企業からの求人が多くみられています。

第二次産業だけでなく、サービス業を中心とした第三次産業でも、求人は多岐にわたっています。

館林市の平成25年7月における有効求人倍率は1.08倍であり、平成25年になってからは徐々に上昇を続けています。

同時期の全国有効求人倍率0.94倍を上回っているだけでなく、群馬県の有効求人倍率1.07倍をも上回っていることからも、第二次産業をはじめとして、さまざまな業種から多くの求人があると言えます。

求人数の多い館林市では、転職も十分可能といえるでしょう。


【館林市の特徴】

館林市は群馬県の南東部に位置する人口約8万人の市で、関東地方のほぼ中央にあります。

群馬県はその地形から「鶴舞う形」と例えられますが、館林市はその鶴の頭の部分にあたります。

市の北部には渡良瀬川があり、隣接する邑楽郡明和町を隔てた南には利根川という2大流域があることから、城沼、多々良沼、近藤沼といった大小の沼が点在していて低湿地帯の特色があります。

北は渡良瀬川を隔てて栃木県佐野市と接する県境の市で、県庁所在地の前橋市までは50キロメートルと遠方になるものの、東京までは約70キロメートルと県内では最も東京に近く、東武伊勢崎線や東北自動車道を利用すれば、約1時間で東京まで行くことができます。

観光地としては、有名な童話の分福茶釜で知られる茂林寺や世界一のつつじを誇るつつじヶ岡公園、小麦の産地であることから製粉ミュージアムなどがあり、東京から1時間程で行くことができるため、日帰りで楽しめる観光地として人気があります。


館林市のアルバイト

キーワード検索

  1. ホーム
  2. 関東
  3. 群馬県
  4. 館林市の求人・転職情報

転職・求職活動お役立ち情報