面接 自己紹介・自己PR例

自己紹介・自己PRは第1印象を左右する大きなステージです。ここで失敗すれば、30分程度の面接であれば、その後の挽回はほぼないと言っていいでしょう。逆に、ここで「この人、気になるな」という伏線を引くことに成功すれば、面接はもはや自分のペースで進められるはずです。事前にしっかり準備と練習をしておきましょう。

まず、時間は全体で2~3分にとどめておきます。1対1の会話において、人の話を集中して聞いていられる時間の限界は3分と言われていますので、3分以内にしなければ「この人、話が冗長で長いな…」と思われてしまいます。この自己PRは「物事を簡潔に、要点をおさえつつ述べられるかどうか」というチェックでもありますので、この「3分ルール」は必ず守ってください。

次に、話す内容ですが、これはまず「名前」「年齢」「出身地」「最終学歴」といったところになります。先方は履歴書も見ているわけですから、履歴書と齟齬がないかだけをチェックされていますので、ここはサラッとでいいです。また、出身地があまり認知がない、マイナーなところであれば、◯◯で有名な…などの枕詞を付けておくと、先方もわかりやすいですし、もしかすると同郷で、それから話題が広がるかもしれません。
そして、職歴を話していきます。ここでは職歴を語るだけで結構です。詳しい業務内容については、質問を待っておけばいいでしょう。

これらのことをまとめると、大体次のような流れになります。

「はじめまして、◯◯と申します。本日は、よろしくお願いいたします。私は今年◯歳で、◯◯で有名な◯◯県◯◯市出身です。◯◯大学の◯学部を卒業後、◯◯メーカーの◯◯社に入社しました。◯◯社では、◯年◯ヶ月間、◯◯業界への◯◯業務に従事し、◯年には◯◯に昇進して、◯◯人のマネジメントを行なっておりました。そして、◯◯年◯月、一身上の都合により退社いたしまして、現在に至っております。」